FC2ブログ

 スポンサーサイト

     --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スペエディ?とか

     2006.08.22 Tue
先週のキャラホビイベントでいろいろあったらしい。
まずはバンダイスペースにキラのザフト白服姿の絵あり。
そしてSEEDのステージで、スペエディ?のEDが3枚だけ画面に流された模様。
シンルナ、アスカガ、キララクの3枚。
シンルナは赤服、キララクはオーブ軍服と忍者、アスカガは赤服と暁ドレス。
アスカガは種の暁EDに似ていて、カガリがでかくて可愛いらしい。
綺麗みたいで嬉しい。

スペエディ?のテレビ放映は10月。
EDだけ先に見たいYO!

で、アスカガED情報はものすご?く嬉しかったです。
この調子で4もよろしく。

しかし、私が気になったのは、キラさん白服について。
えーーーーーーーーーーーーー??って感じですよ
これはお遊び絵じゃなかったら、FP後、議員?についたラクスについていったってことですよね。
まあ、それはいいとして・・・。
いきなり白服ですか。
てかキラがザフトに入った(る)ことがまずビックリ。
キラがザフトねぇ・・・
無性に違和感を感じるのはなのは私だけでしょうか・・・;
死人が生き返った時点で、もう、種は何が起こっても驚きはしないって決めてたけど、
キラ白服には、なんだか驚いちゃった(笑)
この際ホントになんでもありだーーーー

でもさ、キラがザフトならアスランは何処へ?
監督がオーブを出たって言うからてっきりザフトに戻ったと思ってたけど、
彼はどこに行ったんだ。

それで、映画の予告が、キラアスシンのシルエットの後に、
彼らの絆が今、試される――――――――
って出たらしい。

絆?はて。
ってのは置いといて、この文から3人はそれぞれ別々の場所にいると予想される。
キラがザフトはもう確定なのかな。
だとしたらシンはオーブな気がする。
まあ、シンがオーブにいても流れ的には驚かない。
残りのアスランは新勢力?新地開拓?

離れた場所にいる3人が新たな敵を倒すために、どうやら持ち前の「絆」とやらで結集でもして、倒す展開になりそうだ。

スポンサーサイト

 機動戦士ガンダムSEED DESTINY -THE EDGE- 第4巻

     2006.08.14 Mon
機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE 第4巻 機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE 第4巻
矢立 肇、富野 由悠季 他 (2006/06/23)
角川書店

この商品の詳細を見る

やっと読みました?。
やはりTHE EDGEのアスランは好きだ。
世界のことを大局的に観ていることがよくわかる。
それと、シンのことを救い出したい気持ちも全面に出ていた。
脱走までの心情も本編よりしっかりしてると思うし、書き下ろし「姉妹」でメイリンの気持ちも少し曖昧だけど、こんな感じだったらいいなぁと思った。
本編はあまりにも唐突だったから。
てかちまき氏の書く女性キャラはみんな可愛い。
しっかりしてるし。
今回はミーアが切なかったな?。
「役割でもいいじゃない!そうやって生きたっていいじゃない!」
ラクスの偽者として、あんなおちゃらけた服やライブをさせられたけど、改めて考えると彼女は利用されて捨てられた悲劇の人だったんだなーと思う。
本物をかばって死ぬあたりが王道だが、あれはまさに悲劇。
でも本編のその後の「メモリアル・ミーア」みたいな回はあそこで入れなくてよかった。
そういえば、私は46話のショッピングは未だにありえねーって思ってるけど、ジ・エッジではどうなったのかな。
早く5巻が読みたいです。
次巻ではアスカガの話もありますしね。

今回巻末のイラストがカガリで、ちまき氏のコメントに、
  笑顔がなかなか見れなくなったカガリ。
     劇場版ではどうなっているのでしょう・・・

とありました。
うん、私も気になります。
カガリはやっぱ笑顔が似合うしね。

 Newtype9月号

     2006.08.14 Mon
付録の特大ポスターとストラップGet!
てかポスターでかっ!(笑) B2ですかい
キララクアスカガパイスー絵ですね。
なんか新鮮でいいな?
でもキラとラクスは笑顔で、アスランとカガリは反対に勇ましい表情をしているので
真ん中で2つに分けた方が全体のバランスいいんじゃないかと思いました。

ストラップは思ったよりも出来が良いです。
NTナイス!
でも、つける勇気はない(笑)
眺めてるだけで幸せです。

本誌上にはSEEDの映画予想(読者投稿)が載っていました。
アスランは誰とくっつくか!?とか、キララクの子やアスカガの子がどうのこうのとか、偽キラ&偽アスラン登場とかetc・・

ぶっちゃけありえない(笑)

でも、ネタとして楽しめました。
まさか本気にしてる人とかいないですよね!?

ちなみに私の映画予想は、キラが主役で2?3年後の世界。
戦争を始めて2時間で終わらせるのは無理があるから、なにかテロ事件でも起こす。
それで、みんなで戦って敵を倒しておしまい。
めでたしめでたし。

かなり単純ですね(笑)
でもこんなありふれたストーリーは嫌だけど、基本は単純でいいと思うんですよねー
難しくすると、DESTINYみたいなことになるじゃないですか。
それはイヤだ?

 SEED Club 4コマ ですてぃにー

     2006.08.14 Mon
200605000113.jpg

ゲットしました。
種きゃら可愛い!おもしろい!
私的にでゅらんだる議長がツボです。
〈ざふと仮面〉って何なんだ。
レイもやってるし(笑)
でゅらんだる×れいのコンビGood!
あと、暁の格好をした(変態?)ウズミ様に萌えた(笑)
それ見て泣きながら逃げるカガリも可愛い。
「あんなのおとーさまじゃないぃぃぃぃー!うわぁああああん」
て感じかな(笑)
1ページ目のキララクアスカガウェディングも可愛かったです。

 涼宮ハルヒの憂鬱 第2巻

     2006.08.14 Mon
200512000072.jpg

みっくるんるん♪

やばい。
ハルヒまじでおもしろい。
人気な理由もわかった気がする。

NTのキャラランキングでハルヒとキョンがラクスとキラを抜いたようで・・・
キョンが1位なのにはビックリした(笑)
でもハルヒ1位には納得。
てか登場するキャラ全員かわいいです。


 働きマン

     2006.08.12 Sat
働きマン (1) 働きマン (1)
安野 モヨコ (2004/11/22)
講談社

この商品の詳細を見る

安野モヨコさん著の『働きマン』
今2巻まででてるんですが、おもしろい!
出版社でバリバリ働く主人公・松方弘子(28)のお話。
キャリアウーマンなんだけど、ウーマンらしくない。
働きマンです。
変身します。カッコイイです。
今秋からアニメ化もされるですよね?
楽しみ♪

安野モヨコさんは好きな漫画家のお一人です。
絵がかわいいし、おしゃれ。

 涼宮ハルヒの憂鬱

     2006.08.11 Fri
200512000071.jpg

はまってしまった(笑)
アニメはちらちら見たことあったんですけど、ちゃんと漫画を読んでみた。(文庫じゃなくて)
ハルヒが可愛い。
みくるちゃんと長門さんも可愛い。
萌えアニメ最高(笑)
アニメも2部が始まるそうで?ほんとなのかな。
楽しみです。

 RGB ILLUSTRAIONS [DESTINY]

     2006.08.11 Fri
200604000268.jpg

RGB?がやっとおうちに届きました。
やっぱり小笠原氏の絵は大好きです。
線や塗りが柔らかくて、見ていて心が暖まります。
表紙はシンキラアスラン。
キラとアスランは負傷しているようで、シンはあいかわらず挑発的な目つき。
個人的にこういうシンのが好きですけどね。
中身は2004年5月号のNTから2006年3月号まで連載されていたRGB(小笠原氏の絵+下村氏のコラム)と、
NTにあった小笠原氏の挿絵やカレンダー絵、他には種時代の小説の挿絵なんかもあります。
書き下ろしはシンとステラ、カガリの2枚。(下村氏のコラム付き)

値段通り(いや以上?)に内容はボリュームたっぷりでした。
旧キャラも新キャラもみんないますし、どの人も楽しめるんじゃないかな。
小笠原氏の絵が好きな私は買って損はまったくなし。
種が好きなら買って損なしと言っても過言ではないかも?

てかこういうのをパラパラ見ていくと、どのキャラにも愛着沸いてきますね?。
個人的に種時代のキララクアスカガ4人の絵に癒されました。
写真立てに収められたものや、オーブの海岸にみんなでいる絵です。
思えば私はこの4人が大好きだったな?・・・なんて種のときをしみじみ思い返したり・・。
いや、今も変わらず好きですけどね。
でも、成長した彼らには現実やら戦争やら何やら色々と立ちはだかって、なかなか4人そろうことはできなくなったじゃないですか。
DESTINYの戦時中はもちろん、戦後も。
キラとラクスはずっと一緒にいられるかもしれないけど、アスランとカガリは今は別々の道を進んでいますし。想いは同じでもね。
SEEDのときよりも成長する彼らを見るのは嬉しいことだけど、寂しい気持ちもあります。
私はこの4人がそろわなきゃ、なんかしっくりこないんですよねぇ。
柿ピーにピーナッツがない感じ?(意味わからん笑)
だからいつか4人の夢を叶えたら、再びどこか平和な空間で共に過ごせたらいいなーなんて思います。
現実は難しいんだろうけどね。
でも平和ボケして心から笑顔な彼らも見たいのですよ。

 のだめカンタービレ

     2006.08.09 Wed
12_nodame.jpg

思い切って現在既刊してる15巻まで大人買いしてしまった・・・
まだ5巻までしか読んでないけど、すごくおもしろい!
のだめが天然で笑えるしバカだし可愛くて好きです。
千秋も「オレ様」なとこがいいですねぇ(笑)
噂でおもしろい漫画だとは聞いていたけど予想以上。
クラッシクを聞きたくなってきますね♪

のだめカンタービレ (15) のだめカンタービレ (15)
二ノ宮 知子 (2006/06/13)
講談社

この商品の詳細を見る


 ロボットヒロインズDX

     2006.08.08 Tue
1.jpg

みんなかわいいです?。
3人とも欲しい。
でもお金がないのでカガリだけ先に買います。
種の3人娘は癒されますねぇ。

 BLOOD+43話

     2006.08.07 Mon
43話「こころ乱れて」

今回の見所は、ハジVSソロモン。
2人のやり取りを見て小夜の幸せって何だろうって考えた。
翼手として生まれた彼女に、普通の女の子として生きるには無理がある。
ソロモンが言う小夜の幸せは、もしディーヴァの存在がなかったら可能だったのかも。
すべて捨てて逃げてしまえばいい。
でもディーヴァが生きている限り、彼女にとって大切な人たちが危機に晒される。
それにリクの仇だってある。
小夜にはそれが耐えられない。

使命を受け入れた小夜は、将来や未来のことを諦めているように思える。
この間の真央との会話でもそうだったが、カイたちとも、一線引いている。

ハジと小夜の約束も気になる。
ハジが最近人間っぽくなってきて、私の中で株が上昇中(笑)
もっと感情むき出してもいいな。

てかデヴィッドが生きていて良かった。
ジュリアも安心。

 パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

     2006.08.05 Sat
DYPP-36.jpg

見ました。
やっぱジョニー・デップとオーランド・ブルームはかっこいい。
キーラ・ナイトレイは美しい。
でも、内容が・・・・てか脚本・構成が・・・・あ?って感じでした。
前半?中盤にかけてはテンポがよくて、ギャグも交えてておもしろかった。
戦闘シーンも迫力あったし、映像や音楽も最高。
さすがディズニーでした。
しかし中盤以降の流れがグダグダ・・。
見ながら、これはいつ終わるんだ?って思ってました(笑)
いろいろ引っ張りすぎですね。
そして引っ張ったわりに、終わり方がおもいっきり「続編見てください。」な感じ。
こうするのなら、指輪物語みたく3部構成とかはじめに言っておけばいいのにな?。
あ、でも決して駄目駄目ってことはないです。
十分楽しめます。
どっちかっていうと子供向けなのかな?

 帰省

     2006.08.05 Sat
20060805112900.jpg

実家に帰ってきましたー。
やっぱ田舎はいいねぇ?
富士山が見えます。
でも今日は曇ってます。

何もすることがないのでうちのにゃんこと戯れてます。

20060805160547.jpg



 BLOOD+42話

     2006.08.03 Thu
42話「響く、歌声」

blood_42.jpg

カイが?ディーヴァに、食われるーーーーー
はい。ディーヴァの次の狙いはカイのようですね。
リクの姿と声で「カイにぃちゃんっ」て言うディーヴァが憎かった。
カイ頑張れカイ。
てか、デヴィット!あれ死んだの!?
撃たれちゃったよ・・、ジュリアを守って・・・
デヴィジュリ萌えー
デヴィットどうか生きていてくれ。

そしてソロモンが小夜をさらってしまった。
ハジ、ピンチですね。
「私は、小夜しかいないんです・・・」と言うハジがなんだか寂しくて切なかった。
でも小夜が30年の眠りについたらまたハジは一人ぼっちなんですよね。
シュバリエって悲しい。

次週の予告のソロモンがやけに色っぽくて笑ってしまった。
吐息が漏れる感じ?(笑)

てかBLOOD+も残り8話ですか。
1年って早いですね?
次の土6はなんだろうか


 tears/lisa

     2006.08.03 Thu
4046303_1.jpg

スペシャルエディション?の主題歌tearsのジャケ絵。
アニメイトで購入するとクリアファイルももらえるらしい。
lisaの歌けっこう良かったので買うかも。
ジャケット絵はやっぱりアスラン。
切なげに右手を見つめてるとこや雰囲気がED絵に似てますねー
手に何か持ってるのかな?
てか、このアスランも髪が長い。

EDのアスランも。
20060729_178116.jpg


長髪アスランもなかなかカッコイイと思う。

でも、EDの方は一瞬ハウルに見えた(笑)
似てませんかね?黒髪ハウルに


 ゲド戦記

     2006.08.02 Wed
gedo01.jpg

見てきました。
公開前からネットやら他処々でいろいろ批判やら何やらありなこの作品。
でも、思ったよりもよかったです。
終盤や設定で、?なところもあったけど、素直に楽しめました。
絵の美麗さや音楽はさすがジブリという感じですし。
個人的にハウルよりよかったような・・・。
今回は作品のテーマが掴みやすかったです。
キャラたちの台詞そのものに、テーマが語られてましたからね。
そういう意味では、単純と言えば単純なのかも。
言葉として語りすぎてる?
キャラにそのまま言わせてしまうところが、少し気にかかった。
でも私はそのおかげで何が言いたいのかわかったんですけどね;
ハウルは抽象?すぎて全体のテーマが掴めませんでした。
単に自分が馬鹿なだけかもしれないけど(笑)
原作とは、また違っているところもあるようですけどね。
これは原作をしっかり読みたいかも。
映画はジブリ的ゲド戦記として。

「命」は生かされるもの。
「死」を受け入れないことは「生」から逃げることだ。

人間は、いつかは死ぬものだとわかっているのに、なぜ生きなければいけないのか。
生きていることで、闇や不安からは逃れられない。

そんな闇にとらわれた主人公のアレンが、一人の少女と魔法使いハイタカに出会い、答えを導いていく?
みたいな感じだったと思います。
岡田くんはCMで聞いて、声低すぎないか?って思ったけど、そんなに気にならなかった。
テルー役の人は歌がうまいですね?
テルーの唄を聴いて、涙を流すアレンの場面が好き。
孤独と戦う2人が切なくて。
それで結局テルーの正体はアレだったわけですが、そこらへんの流れがいまいちよくわかりませんでした。
最後も、もう少し補完があって欲しかったです。
ジブリらしい終わり方だったけど、なにかこう釈然としないものがあって・・。
でも、もう一度見たいとは素直に思えた。
予想してたよりもおもしろくて楽しかったです。

 打ち上げ

     2006.08.01 Tue
今日はサークルの打ち上げ(飲み会)に行ってきましたー。

なんと、クラブ貸切り

まずはシャンパンで乾杯。
カラオケ?、ビンゴ、いろいろ楽しかったです。
DJがノリノリでした(笑)
女性DJってかっこいいですねー。
てかグレープサワーがすごーくおしかった。
私はお酒強い方なので、今日はけっこう飲みました。
かなりテンション高かっただろうな?

飲み会って楽しい?今週中にまた一つあります。
てか夏休み入って毎日遊んでる気がする・・(笑)
明日も友達と映画見に行きます。
パイレーツかゲド戦記。楽しみです☆

 | TOP | 

Calender

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archives

Links*Blog

Links

小笠原智史氏のHPです 久織ちまき氏のHPです

応援中・主張

アスカガふぁいつ 実はディアミリも好き



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。